前回は「 smarty 」を設定して、実際にWEBページに表示させるところまで学びました。


今回は、前回使用した「 index.tpl 」について解説していきます。

===== index.tpl のソース ここから ===========================================

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<title>サンプル3</title>
</head>
<body>


【商品名】
<br>
{$name}
<br><br>
【商品説明】
<br>
{$Description}
<br><br>
【商品スペック】
<br><br>
{$spec}

</body>
</html>

続きを読む