はっと気がつけばあと1週間で2012年も終わり。。。

週に一度の更新の予定が月に一度になりそうなので、ここらでちょっと記事を書きたいと思います。

前回までは商品IDを入力するだけで商品ページが自動で生成されるというサンプルを勉強しました。

自分で運営しているサイトのSEO対策の為に作ったものなので、ハッキリ言って愛想も何もないただの商品ページでした。

あまりに期間が空きすぎてしまっているので、すでに覚えた半分以上忘れてしまっている管理人ですが、思い出しながら続きを作っていきます。

次は自動でランキング商品が生成されるページを作っていきます。

もしもAPIは、1認証コード当たり1秒に1回程度の要求を受け付けられる。とのことですので、あまり負荷をかけないようにキャッシュを使おうと思います。

そこで、キャッシュを置くディレクトリと有効時間をセットしておくことにしました。

スポンサーリンク:

今回は新しくランキングが表示されるページを作るので、ファイルもすべて新調します。ですので、続けて覚えようとしている人はとりあえずフォルダを分けておいてください。

サンプル6で使った「 config.php 」をコピーして作ってください。

サンプル7として配布予定ですが、まだ配布しないので勉強のために一つずつ覚えていきましょう。

<?php

 $Auth_code="★あなたのAPI認証コード★";

 $max_rank = 10; // 何位までを表示するか

 $cache_dir= "cache"; //キャッシュディレクトリ

 $cache_time = 24*3600; //キャッシュの有効時間(秒)

?>

まずはランキングの何位までを表示させるかということで。

 $max_rank = 10;

10位まで表示されれば十分でしょう。ということでここは10に設定します。5位までいい場合は10を5に変更するだけです。

 $cache_dir= "cache";


キャッシュ置き場です。
サーバーの上で勝手に読み書きしてくれます。


 $cache_time = 24*3600;

ここはとりあえず1日として、24時間 x (60秒 x 60分)としておきます。

ランキングは1日に1度更新されればいいかなぁと考える管理人が決めた数字です。


毎回毎回読み込みに行くと時間もかかりますし、サーバーに負荷をかけてしまうので1日1度のサーバーに優しい設計にしておきます。


と、今回はここまでです。


次回の記事でこの続きをしていきます。


前回までと違うページでサンプルを作りますので、テンプレートを考えたりしないといけませんので、順を追って説明・解説していきます。

もちろん、ランキングページを生成するサンプルコードも無料で配布予定です。

それでは、次回をお楽しみに♪



もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業 副業にも