前回はSEO対策の前置きを書いていたのですが、思ったより長くなってしまったので本題を今回に持ち越しております。


前記事を読んでいない方は一応、前記事をご覧ください。


まずは前回の続きから。。。


SEO対策の業者は多いです。


そういう私もSEO対策を請け負ったりもしています。


「どうしても難しい」という方はご依頼いただければ請けさせていただきますが、できる限りSEO対策は自分の手でやるようにした方がいいと思います。

だって、検索結果10,000,000件以上あっても1ページ目に表示できるんですから。。。


しかも内部対策だけで・・・
スポンサーリンク:

ともかく、ようやく本題に入ります。


サンプル6の「index.php」を開いて下さい。


7行目と8行目を見てください。

下記のように記述されています。

<meta name="description" content="">
<meta name="keywords" content="">



これは、増やしていく商品ページ全て同じようになっています。
(「index.php」をコピーして増やすのだから当たり前ですが。。。)


まずは7行目
<meta name="description" content="ここにページの説明を書いてください。">

50文字程度の説明を記入します。

ここで大事なのは、狙っているキーワードを必ず書き込むこと。

キーワードの連呼はスパム扱いになる可能性があるので、自然な流れでいくつかのキーワードが入る説明にしてください。

理想としては3~4つではないでしょうか。

重要度の高いキーワードを前から順に書くようにしてください。


続いて8行目
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3">

ここはキーワードだけを書き込みます。

3~5つのキーワードを記入しましょう。

少ないのは良いですが、多すぎると逆効果になることもあるので欲張りすぎに注意してください。


解説は以上となります。


無料で配布しているサンプルでは内部SEOがまだまだ不十分ですが、今後充実させていく予定なので、順番にしっかりと覚えておいてください。


現状でできる内部SEO対策としてあと少しだけ解説します。


上記の編集が終われば「保存」してアップロードしてください。


その後、商品ページにアクセスして、「商品情報」、「商品スペック」を見てください。


7行目、8行目で入力した狙っているキーワードって入っていますか?


いくつかあれば問題ありませんが、ゼロ!という場合は少し修正が必要です。


商品ページを直接編集できればいいのですが、テンプレートを使用しているので1か所変更すれば前ページの同一箇所が変更されてしまいます。


もう少し本格的なSEO対策をできるようにテンプレートも今後は改良を加えていきますが、現状はこのまま使っておいてください。


もちろん、そのテンプレートも無料で配布予定です。


現状で手っ取り早くSEO対策を行う方法は、7行目と8行目に入力したキーワードを変更し、「商品説明」「商品スペック」に書かれている文章の中からキーワードを選ぶ事です。


誰も検索しないようなキーワードを選んでも意味がないので、検索されそうなキーワードがあれば変更するようにしましょう。


キーワードの調べ方の解説はここではしませんので、GoogleAdwords等で調べてくださいね。


今回は以上となります。


次はどんな記事を書こうかなぁ~~~。。。



もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業 副業にも