前回比引き続き、カートへ入れるボタンの追加方法を解説していきます。


今回は「 .php編 」ですので、前回の「 .tpl編 」のソースをまだコピーして保存していない人は、ついでに一緒にやってしまいましょう♪


上下を省略しているので、変更か所付近だけを記載しています。


前回までに編集している「 Smarty.php 」を見ながら編集してください。


8行目辺りから20行ほどを記載しています。


━━━ ↓ サ ン プ ル 5 (.php) こ こ か ら ↓ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク:

$name = ($xml->Articles->Article->Name);
$Description = ($xml->Articles->Article->Description);
$spec = ($xml->Articles->Article->Spec);
$stock_status = ($xml->Articles->Article->StockStatus);
$shop_id = ($xml->Shop->ShopId);


require_once 'Smarty/Smarty.class.php';


$smarty = new Smarty();
$smarty->template_dir = "./templates";
$smarty->compile_dir = "./templates_c";


$smarty->assign('name',$name);
$smarty->assign('Description',$Description);
$smarty->assign('spec',$spec);
$smarty->assign('stock_statusword',$stock_status);
$smarty->assign('shop_id',$shop_id);
$smarty->assign('Article_Id',$Article_Id);


$smarty->display('index.tpl');

━━━ ↑ サ ン プ ル 5 (.php) こ こ ま で ↑ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回は{$shop_id} と {$Article_Id} の3行分を追加しています。


{$shop_id} と {$Article_Id} を追加する事により、『カートに入れる』フォーム内にわざわざ入力しなくても自動で反映されるようになります。


今回は特に説明する事もないので以上となります。


『保存』後、サーバーへアップし、ページが正常に表示されるか確認してください。


表示された後は、個数を変えて『カートに入れる』ボタンをクリックしてください。


どうですか?


もしマーケットのショッピングカートの中に入りましたか?


入ったらブラウザのアドレスを確認してください。

こんなURLです。
http://mp.moshimo.com/cart?shop_id=●●●●●●&signature=


上記URLの ●●●●●● にはあなたのショップIDが入っていると思います。


そこまで確認してOKなら今回の課題は成功です。


エラーが出る場合は英数字などが全角になっていないかなど、記述を確認してください。


『ど~してもエラーが出てできない!』


そういう場合はコチラをどうぞ ⇒ サンプル5



もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業 副業にも