前々回の記事では、「もしもAPI」から返ってきた商品情報の中から、指定した情報だけをサイトに表示させる方法を学びました。


今回は、もう少し表示させる情報を増やしてみたいと思います。


下記ソースをコピーしてください。
サンプル1のソースに、増やす情報のソースを追加したものです。


━━━ ↓ サ ン プ ル 2 こ こ か ら ↓ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク:


<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
<title>サンプル2</title>
</head>
<body>

<?php

$Article_Id = 306055;
$api_file = "http://api.moshimo.com/article/search?authorization_code=★あなたのAPI認証コード★&article_id={$Article_Id}";
$xml = @simplexml_load_file("$api_file");
$name = ($xml->Articles->Article->Name);
$Description = ($xml->Articles->Article->Description); //追加した項目
$ImageCode = ($xml->Articles->Article->ImageCode);
$spec = ($xml->Articles->Article->Spec); //追加した項目
$startdate = ($xml->Articles->Article->StartDate); //追加した項目

print ("<h1>商品ID=「{$Article_Id}」</h1>");
print ("<br><br>");
print ("商品名<br>「{$name}」");
print ("<br><br>");
print ("商品説明<br>「{$Description}」"); //追加した項目
print ("<br><br>"); //追加した項目
print ("<img src = ¥"http://www.moshimo.com/item_image/{$ImageCode}/1/l.jpg¥" border=¥"0¥" alt=¥"$name¥">");

print ("<br><br>"); //追加した項目
print ("【商品スペック】<br>「{$spec}」"); //追加した項目
print ("<br><br>"); //追加した項目
print ("発売日は「{$startdate}」です。"); //追加した項目

?>

</body>
</html>

━━━ ↑ サ ン プ ル 2 こ こ ま で ↑ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

{$Description} の 商品説明

{$spec} の 商品スペック

{$startdate} の発売日

上記3項目を追加しています。


書き終えたら保存し、サーバーにアップロードしてください。

ここでは、その1で作成した test.php に上書き保存して進めていきます。


ブラウザでアクセスしてみてください。


どうですか?


その1の時と違い、色々な商品情報が表示されていますよね?


正常に表示されていれば成功です。


エラーが出ている場合は、何度も言いますが全角になっていないかなどを調べてみてください。


ここでも一応サンプルファイルをリンクしておきますので、よろしければお使いください。


表示の確認 ⇒ サンプルサイト2

サンプルファイルのダウンロードはコチラ ⇒ サンプル2


もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業 副業にも