もしもAPIを使うと色々な事ができるという事は分かっています。


ですが、色々な事といっても具体的な事はサッパリ分かりません。


このブログを見ている人も同じようなことを思っているのではないでしょうか?


そこで、もしもAPIを使えばどんなことができるのか?


なんて説明できる知識を持ち合わせていないので、遠い未来にお教えします (笑


まずはPHPとは何ぞや?についてです。


スポンサーリンク:


インターネットで色々なサイトを見ていると


http://***.com/***.html や、


http://***.com/***.php というURLを目にする事があると思います。


ここでの説明は省きますが、詳しくはPHPとは?をご覧ください。



CGIほど難しくなく、HTMLなどにも簡単に取り込めるようですが、サーバー上でプログラムが実行されるので、パソコンをサーバーと同じように使えるようにしなくてはなりません。


そこで、パソコン上でPHPが動作するようにしましょう。


PHP学習の本やサイトで最初に出てくるのが、「XAMPP(ザンプ)」というツールです。


これをパソコンにインストールすれば、ローカル環境でPHPの動作を確認することできます。


XAMPPのダウンロード


レンタルサーバーがあれば、できたPHPファイルをサーバーへアップロードして、そのURLにアクセスすれば表示されるので、レンタルサーバーを借りている人はインストールしなくてもサーバー上で確認ができます。


管理人の使っているレンタルサーバーはロリポップです。


ロリポップではPHPに対応していますし、安くて大容量なのでオススメです。




その他のレンタルサーバーは分からないのでサーバーへ問い合わせてみてください。


あとはファイルをアップロードするFTPソフトですね。


管理人はFFFTPというソフトを昔から使っています。


FFFTPソフトのダウンロード


これでようやくPHPを動かす環境が整いましたね。


XXAMPをインストールしたフォルダ(例:C:\Program Files\xampp\)に「htdocs」といフォルダが作成されているので、その中に作ったPHPファイルを移動します。


移動後、http://localhost/index.php などを入力すれば、お使いのパソコン上でPHPファイルを動かすことができるようになりました。


ブログ上では、「サーバーにアップロード」という言葉が出てきますので、サーバー上にアップロードもしくは htdocs フォルダへ移動するなど、お使いの環境の使いやすい方を選んでください。


もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業 副業にも