もしもAPI を利用するには、もしもAPI認証コードを発行してもらう必要があります。


当ブログで公開しているソースなどには自分の認証コードを貼り付けてサンプルとして使うこともできます。




もしもドロップシッピングへの登録がまだの方はココからすぐに登録できます。
   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
もしもドロップシッピング 


会員登録後、もしくはすでに会員の方は もしもドロップシッピング へログイン後、


【ショップを管理する】⇒【もしもAPIβ版】をクリックし、認証コードの発行を行ってください。


一度発行すれば、同ページへ行けばいつでも認証コードの確認ができます。


これでいつでももしもAPIをつかうことができるようになりました。